<tt id="84uus"><tt id="84uus"></tt></tt>
  • <xmp id="84uus">
  • <xmp id="84uus"><nav id="84uus"></nav>
    <xmp id="84uus"><nav id="84uus"><code id="84uus"></code></nav>
    <xmp id="84uus">
  • <menu id="84uus"><tt id="84uus"></tt></menu>
    <menu id="84uus"></menu>
  • <menu id="84uus"><strong id="84uus"></strong></menu>
    設計価格
    カタログ
    • TOP
    • 日新ブログ
    • 【問い合わせの多い質問】飛び火とは?関連法規も徹底解説
    2022/12/01 問い合わせの多い質問

    【問い合わせの多い質問】飛び火とは?関連法規も徹底解説

    設計事務所、建設會社から防水工事店にいたるまで、數多くの問い合わせがある中で、今回は「飛び火」にフォーカスしてご紹介します。(中大規模木造住宅を含む木造住宅詳細については2023年2月ブログ掲載予定)

    この記事の內容

    ?。保?飛び火とは?

    ?。玻?飛び火の詳細

    ?。常?まとめ

    1.飛び火とは?

    飛び火とは「火の粉による建築物の火災(延焼)のこと」です。

    飛び火を防止することを「防火」、建築物の倒壊及び延焼を防止することを「耐火」と呼びます。

    上記に関し、市街地では條件により屋根を防火?耐火構造にすることが求められています。(建築基準法)

    →その場合には、(屋根防火に関する)國土交通大臣認定の「飛び火認定書」が必要です。

    ①「耐火構造」「準耐火構造」「防火構造」「不燃材料」「主要構造部」?建築基準法第2條による用語の定義はこちら

    【飛び火認定書が必要な建物】

    飛び火認定は「②平成12年建設省告示第1365號」により「屋根(構造)」が、A地域の中でB ~Eの條件を一つでも満たさない場合に必要です。(不燃材料で造るか、又はふく場合を除く)

    A.地域  ?。悍阑鸬赜?準防火地域?22條指定地域

    B.構造  ?。海ㄎ莞━偿螗戛`ト造、ALC、PCaのいずれか、又は耐火構造(國土交通大臣認定含む)

    C.勾配  ?。?0°以下(0~30°)

    D.斷熱材厚さ:50㎜以下、又はなし

    E.防水材種類:アスファルト防水、改質アスファルト防水、塩化ビニル樹脂系シート防水、ゴム系シート防水、塗膜防水

    2.飛び火の詳細

    A.地域

    防火地域?準防火地域における飛び火は「③建築基準法第62條(舊第63條)」に、その詳細は「④施行令第136條の2の2」に規定されています。それ以外の市街地について指定する區域である22條地域は「⑤建築基準法第22條」に規定されています。

    尚、22條には「???ただし、茶室、あずまやその他これらに類する建築物又は延べ床面積が10㎡以內の物置、納屋その他これらに類する建築物の屋根の延焼のおそれのある部分以外の部分については、この限りではない?!工趣ⅳ辘蓼?。

    【図による市街地概念図】

    飛び火認定書は上記「防火地域」「準防火地域」「22條地域」に必要

    【地域の確認方法】

    • 設計図書(図面)の「敷地條件等」の項目に記載されています。
    • (自治體により)都市計畫情報提供サービスを実施しています。

    「都道府県名」+「都市計畫情報提供サービス」で検索

    【用語解説】

    防火地域、準防火地域:「市街地における火災の危険を防除するため定める地域」として指定される區域(⑥都市計畫法第9條21項

    22條地域: 特定行政庁が防火地域及び準防火地域以外の市街地について指定する區域

    特定行政庁:「建築主事を置く」市町村長、「建築主事を置かない市町村」の都道府県知事。(建築基準法內特有の言葉)

    B.構造

    (屋根が)コンクリート造、ALC、PCaのいずれか、又は耐火構造(國土交通大臣認定含む)

     耐火構造に関する法規(⑦建築基準法施行令第1條の3號、第107條?建設省告示第1399號)はこちら

     準耐火構造に関する法規(⑧建築基準法施行令第1條の3號、第107條の2?建設省告示第1358號)はこちら

    飛び火認定書は、下地が耐火構造ではない、または耐火認定を受けていない場合に必要

    C.勾配

    30°以下(0~30°)

    飛び火認定書は、勾配が30°を超える場合に必要

    D.斷熱材

    露出(斷熱)工法に使用する斷熱材の厚みが50㎜以下、又はなし

    尚、國土交通省住宅局より事務連絡として、過去の個別認定(飛び火認定試験による認定)において斷熱材の規定が「JIS A 9511」と記載されていても、「JIS A 9512」に読み替えができる旨、各都道府県、指定確認検査機関等へ通知がなされている。

    飛び火認定書は、斷熱材厚みが50㎜を超える場合に必要

    E.防水材種類

    アスファルト防水、改質アスファルト防水、塩化ビニル樹脂系シート防水、加硫ゴム系シート防水、塗膜防水であれば「飛び火認定」の必要はありません。

    飛び火認定書は、上記防水工法以外の場合に必要

    3.まとめ

    市街地において、4つの條件をすべて満たせば屋上防水に対して「飛び火認定書」は必要ありません。

    但し、どれか一つでも満たしていない場合には「飛び火認定書」が必要です。

    次回ブログは1月1日(日)公開予定です。

    精品久久久久久中文字幕大豆网,在线观看国产一级强片,欧美大尺度做爰无码电影,久久大香香蕉国产免费网vrr
    <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>